FC2ブログ

【仙台】放課後等デイサービス チャレンジアカデミー

CA北四番丁の先週の活動は、
「おおきなオセロ」でした!
普通のボードゲームのオセロではなく、体を動かすオセロです。
制限時間内でオセロを自分のチームの色にひっくり返し、最終的に色が多いチームが勝ち!というものです。
一回の勝負は1~2人対1~2人、制限時間は約20秒。

181219-1_201812191831004e6.jpeg


白熱した戦いが繰り広げられました。
見ている方達も応援したり、中には手伝ってくれる(!?)方も出てきて楽しい雰囲気でした(*´▽`*)

今週はサンタさんへお手紙を書く活動をしています。
皆さん思い思いに今年一年を振り返ったり、欲しいものをしたためています。
思いが届くと良いですね!

壁の飾りもサンタさんにしてみました。

181219-2.jpeg

今週末はいよいよクリスマス会です!お楽しみに~(*^▽^*)



スポンサーサイト

新年度の最初のCA講座は【バスボム作り】を行いました。

最初に材料や工程、分量などをスタッフと確認しました。
アロマ液がローズと柚子の香りが選択出来たので、お気に入りの香りをつけていました。

IMG_5017.jpg

材料を混ぜながら霧吹きで水をかけ、手でこねて粉が固まるくらいになったら止めます。
水のつけ過ぎには注意です!

IMG_5014.jpg


次にラップを引いて手の中で握って丸くなったら、机の上で形を整えながらコロコロと転がし形を整え行きます!!

形が出来たら新聞紙の上に置いて乾かします。

IMG_5016.jpg


残念ながら当日中に乾かなかったので後日持って帰りました。
参加された皆さん、お風呂で気持ちよく使えたでしょうか?

IMG_5019.jpg



次回のCA講座は【おにぎり作り】です。
美味しいおにぎりを一緒に作りましょう!!




昨日行われた、プログラミング講座「マインクラフト編」のご報告です。
今回は大人子供問わず世界的な人気を誇るマインクラフトと、「Code Connection for Minecraft」を使ってプログミング講座を実施してきました。
「Code Connection for Minecraft」とは、スクラッチのようにプログラムを作っていく、開発環境のことです。(マイクラ公認)

匠の誕生

このようにブロックを積み上げていきます。今回は、「リフォームの匠」として名を馳せるクリーパーを指定した個数分誕生させよう、というテーマでプログラムを作っていきました。上記がそのプログラムです。
実行すると・・・
匠蔓延

はい、このように数々のクリーパーが突如として誕生致しました。
この大量のクリーパー達が匠としての本領を発揮し、思う存分リフォームしてほしいところですね。
しかし世界が滅びる危険性も否定できないので、次にこのクリーパー達を倒すためのプログラムを作りました。
マイクラ界の平和のために皆さんプログラミングを頑張り、自分なりに楽しんで取り組まれておりました!

さらにクリーパー誕生プログラムを改造し、雷をひたすた撃ち落とすプログラムも皆さん作成されました。
雷に打たれて

平和とは何かをよく考えさせられますね。

このように「Code Connection for Minecraft」は使い方次第で、マイクラ界の神にも悪魔にもなれます。
論理的思考の学びにも繋がりますので、ご興味のある方はぜひどうぞ。


今回のチャレンジ講座では、山形風芋煮作りをしました!!
だんだんと寒くなってきたこの時期にピッタリの食べ物です。

作業は2グループに分かれて開始!
まず始めにネギを切り、こんにゃくを手でちぎり食べやすい大きさにしました。
皆さんが切ったりちぎったりしてくれた食材を鍋に入れ、牛肉も入れたら後は待つのみです。
(味付けはスタッフがお手伝い)

今回は時間の都合上材料が少ない芋煮を行いましたが、無事に完成し美味しい芋煮を作ることが出来ました!!

ちょうど寒い日だったので芋煮を食べてぽかぽかとあったまり良い気分になり、充実した時間を過ごすことが出来たようです!!

IMG_E4659[1]


IMG_E4660[1]





一昨日行われた、プログラミング講座「アルゴロジック編」のご報告です。
arugo.jpg

このアルゴロジックというソフトは、左画面のロボットを動かして、赤い旗までゴールさせるというものです。
右画面のブロックを積むスペースに、「進む」「回転」「繰り返し」などのブロックを積むことで、左画面のロボットが積んだ通りに進むことができます。
前回のロボチャートと似ていますが、レベルを上げて実施したため一筋縄にはクリアできず、参加したみなさんはかなり悩みながら取り組まれておりました。(ちょっと難易度を上げ過ぎてしまったかなと反省です)
次回が最後のプログラミング講座となりますので、学びの部分を重視しつつも、楽しく取り組めるようなテーマで講座を実施したいと考えております。