FC2ブログ

【仙台】放課後等デイサービス チャレンジアカデミー

皆さんこんにちは。
今年度1回目の行事をお知らせ致します。
昨年度までの行事が見直され、今年はCA3大イベントとしてリニューアル致しました。


CAをご利用頂いてる皆さまには、既にお知らせ済みですね!
まだ定員に余裕がございましたので、よろしければお申し込みください。


また、当初予定はしておりませんでしたが
CAをご利用されていない方もご参加が可能となりました!
沢山遊んで思い出を作って頂くのは勿論の事
放課後等デイサービスのご利用をお考えの方で
事業所の雰囲気を見てみたいという方も大歓迎です。
チラシはこちら↓↓

natsumatsuri.jpg










<詳細>
日時:平成29年7月17日(月/祝)
開催時間帯:11:00~14:00(入退場自由)
参加費:500円(未就学児無料)
場所:チャレンジアカデミー北四番丁
(仙台市青葉区二日町13-26-201)
お申込み方法:022-224-1102(チャレンジアカデミー事務局まで)



(内容)
・射的&輪投げ
・ヨーヨー・スパーボールすくい
・千本引き
・ワークショップ 
・行事恒例のスタッフイラストのシールラリー
(今回はどのスタッフがレアシールになるかな?)
・飲食ブース(焼きそば、たこ焼きetc…)



職員一同、お待ちしております!


スポンサーサイト

昨日行われた、チャレンジ講座「プログラミング基礎 グリコード編」のご報告です。

昨年は「スクラッチ」というプログラミングソフトを使って、参加者ひとりひとりがパソコンを使ってプログラミングを行っていました。
しかし、「スクラッチ」がそもそも難易度が高かったのではないかという反省のもと、今年度の第1回プログラミング講座はハードルを下げ、総務省の「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」として認定された、グリコードというアプリを使って講座を行いました。
IMG_2660[1]

グリコードは、ポッキーやビスコを並べて撮影することで、アプリ内のキャラクターを動かすためのプログラムが作れるアプリです。
お菓子の種類や向き、並べ方によって違った動作をしますので、クリアするにはなかなか頭を使います。また使用したお菓子はプログラムの記述後ふつうに食べていきます。つまりグリコードとは、プログラミングも学べておやつも食べれる、一粒で二度おいしい学習を意味します。(アーモンドグリコは使いませんが)

今年度初めてプログラミング講座に参加してくれた利用者さんは悩みながらも、おやつを食べるというモチベーションで頑張っておりました!
去年も参加していた利用者さんは慣れたもので、全ステージ見事にクリアされておりました!
次回からは難易度を上げて、よりプログラミングの思考を学んでいただけたらと思います。



今回のチャレンジ講座では、オムライスを作りました!!

参加者の皆さん全員オムライスが大好きで、職員である私自身も大好物だったので、いつも以上に美味しいのを作ろうという気持ちでみなさん取り組みました!

玉ねぎのみじん切りから炒め作業、卵を割ってかき混ぜる、そして最後に自分好みの柔らかさに卵を焼くといった過程を職員と一緒に行いました。今回が初めての参加者も居ましたがみなさん手慣れた様子で作り、無事完成させる事が出来ました!終始雰囲気も良く、メリハリをもって行う事が出来たのでこれまでの講座で培ってきたものが活かせてきたのかと思います!


次回はプログラミング講座です。年に4回ほどプログラミング講座を開催しているので是非一緒に貴重な体験をしましょう!

無題



5月12日に行われたチャレンジ講座では石鹸作り行いました!
今回は、各利用者様同士ペアになって作業に取り組んで頂きましたが、協力しながら真剣に取り組めていました。ペアを組んだ利用者同様士仲良く作業に取り組めていたので良かったです。また、石鹸の形を決める際には可愛らしい動物の形など、みんなそれぞれ個性的な作品を作っていました。母の日が近いこともあって作った石鹸をお持ち帰りし、家族にプレゼントされたことと思います!

石鹸作り