【仙台】放課後等デイサービス チャレンジアカデミー

チャレンジ講座「プログラミング基礎②」のご報告です。
今回の内容は、11月初旬に行われた「CA秋祭り」ゲームコーナーで提供されたシューティングゲームを、同じように作ってみようという、やや本格的なものでした。
プログラミング風景

受講したのは2名だけでしたが、コードが記述された資料をもとに、2名とも最後まで作ることができました。(よく頑張った!!)
初の試みとして、資料を見ながら作っていくという形式で実施しましたが、完成形のコードを参考にしながら取り組んだほうが、利用者様にとってもスタッフにとっても理解しやすいようでしたので、今後もこの形式で実施していきたいと思います。
今回は内容がやや本格的であったため、途中で利用者様に少し疲労の色が見られました。
休憩を挟みながら行えばよかったと反省しております。
プログラミングの内容を理解してもらう一方、利用者様に負担がかからないような講座のあり方も大切ですので、今後の課題にしたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する